2015年12月21日 全国大会等へ出場する選手への激励会が行われました

美濃市役所で21日、 第95回全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場する関商工高等学校ラグビー部の荻功二郎君(3年)、佐藤建生君(3年)、服部雄大君(3年)、名古路駿介君(2年)、前嶋佑樹君(2年)と、第3回全国私学男子ソフトボール大会に出場する美濃加茂高等学校の清水涼平君を、武藤鉄弘市長と後藤穂美濃市体育協会副会長、樋口宜直教育長が激励しました。
 関商工高等学校ラグビー部は12月27日から大阪府東大阪市の近鉄花園ラグビー場で開催される大会に出場し、美濃加茂高等学校ソフトボール部は12月25日から兵庫県加古川市で開催される全国大会に出場します。
 大会の出場に向け、武藤市長は「岐阜県代表としてしっかり頑張ってきてください。良い結果を待っています」と激励しました。
 大会の向けての抱負を聞かれた関商工の荻君は「2勝して正月を花園で過ごすことです」と意気込みました。また、美濃加茂高校の清水君は「長所のバッティングを生かして、チームに貢献したい」と抱負を述べました。

mktadmin
info@mkt-system.jp